サイトメニュー

部分痩せについて

ウーマン

顔と脚の部分痩せ

筋肉というのは、使えば太くなりますし、使わなければ細くなります。それは顔の筋肉でも同じことが言えます。よく硬いものを噛んでいたり、スポーツなどで歯を食いしばったりすることで顎の筋肉が発達して大きく出っ張ってしまいます。いわゆるエラと呼ばれるもので、多くの人々が顔が大きく見えることでコンプレックスを抱いているものです。このエラを解消するためには、そこの筋肉を使わないようにすればいいわけですが、無意識に使っていることも多いため難しいでしょう。でも、美容整形のボトックス注射は、有効成分を注入した部分の筋肉を強制的に使えなくする作用があります。つまり、張ったエラの部分にボトックス注射をすることで、そこの筋肉を使用できないようにするため、数週間から数か月後にはエラが小さくなって小顔になるわけです。しかも、注射のみの施術となるため、大掛かりな手術も必要がなく、すぐに日常生活に戻れることができるため、現在多くの顔が大きいとお悩みの人がボトックス注射を利用しています。このエラの筋肉を使えないようにして細らせていくボトックス注射の使い方は、他の体の部位でも応用を利かすことができます。その代表的なのが脚、特に脹脛(ふくらはぎ)です。過去にスポーツなどをしていた経験のある方は、脚を酷使してきたことで脹脛が太く発達していることが多いです。ダイエットなどで運動を取り入れた結果、全身は痩せたけど脹脛だけは逆に太くなったというケースもあります。しかし、日常生活で歩かない人はいませんから、歩くたびに使われる脹脛の筋肉はスポーツを辞めても太くなることがありません。そのことで諦めてしまった人も少なくないですが、このボトックス注射を利用すれば脹脛も細くすることができます。ただし、そこで筋肉を使えなくなったら、歩けなくなると不安を抱く方もいらっしゃるでしょう。ボトックス注射を注入する部位は日常生活に影響の及ぼさないところなので、エラ同様安心して利用することができます。このようにエラや脹脛など体の一部に悩んでいる人はボトックス注射を体験してみると良いでしょう。